top of page
  • 執筆者の写真Kudo

『リスクマネジメントのPDCAサイクル:リスクを見据えた持続的な成長と改善』

リスクマネジメントは持続的な改善による発展が求められます。リスクは時や場所、場合に応じて変化するからです。そのため、管理手法としては問題解決や品質管理と同様に、PDCAサイクルを用いることが有効です。


リスクマネジメントのPDCAサイクルは、企業や社員個人が直面するリスクに対処し、持続的な成長と改善を目指します。この記事では、PDCAサイクルを通じてリスクを見極め、効果的な対策を実行する方法に焦点を当てます。リスクの特定や評価、対応策の立案から、監視と改善までのプロセスを解説し、リスクをコントロールする重要性を探ります。リスクを見据えたPDCAサイクルの実践により、組織の持続的な成長と変化への適応力を高めるヒントをお伝えします。


リスクマネジメントは、PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Actサイクル)を適用して継続的に改善を図ることが重要です。PDCAサイクルは、問題解決やプロセス改善に広く使われる管理手法であり、リスクマネジメントにも適用されます。以下にPDCAサイクルをリスクマネジメントに適用する手順を示します:


1. Plan(計画):

  • リスクアイデンティフィケーション(リスクの特定):リスクを特定するための手法を選択し、リスクを洗い出します。

  • リスクアセスメント(リスクの評価):リスクの重要性や影響度を評価し、リスクの優先順位を決定します。

  • リスク対処戦略(リスクの対処方法):リスクに対処するための具体的な戦略を立てます。

2. Do(実行):

  • リスク対処実施:計画したリスク対処策を実施します。リスクの軽減、回避、転嫁などの対策を実行します。

3. Check(確認):

  • リスクモニタリング(リスクの監視):リスクの状況を定期的に監視し、変化があるか確認します。

  • リスク評価の結果確認:実施したリスク対処策の効果を評価し、リスク状況を再評価します。

4.Act(対策):

  • 結果に基づく対策:監視や評価の結果をもとに、必要な調整や改善策を立てます。

  • コンティンジェンシープラン(緊急対応計画)の改善:緊急対応計画を見直し、より効果的な対応策を策定します。


PDCAサイクルは、リスクマネジメントを循環的に実施し、リスクに対する対応策を常に改善していくアプローチです。リスク状況や環境が変化する中で、PDCAサイクルを繰り返し行うことで、リスクの最小化やリスク対応の効率化を図ることができます。

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

『自然災害、事故、情報漏洩など… そもそもリスクの正体は何か?』

自然災害、事故、情報漏洩…リスクというと、何か悪いことが起こるんじゃないかというイメージを持たれることがあります。例えば、台風などの自然災害によって乗るはずの飛行機が欠航になるリスクがあるかもしれませんし、製品をプレス機で加工する際に指を挟んで大けがするリスクがあるかもしれません。また、不審な添付ファイルを開くとコンピュータウイルスに感染するかもしれません。 しかし、リスクマネジメントでいうところ

Comments


bottom of page