top of page
  • 執筆者の写真Kudo

SWOT分析の手順:ステップ バイ ステップで策定するための方法とは?

SWOT分析は、効果的な戦略策定の鍵となるツールです。しかし、正確かつ有効な結果を得るためには、ステップバイステップのアプローチが必要です。このガイドでは、SWOT分析を実施するための具体的なステップを詳しく説明し、組織が最大の価値を得る方法を提供します。


SWOT分析の手順

Guide Line

 

1. SWOT分析の手順


SWOT分析を行うには、以下のステップに従います。


1.1 チームの組織

最初に、SWOT分析のためのチームを組織しましょう。異なる視点や専門知識を持つメンバーが含まれることが望ましいです。このチームは、情報収集と分析を行う役割を果たします。


1.2 データ収集

内部要因(強みと弱み)と外部要因(機会と脅威)に関するデータを収集しましょう。これには、市場調査、顧客フィードバック、競合他社の分析、財務データの評価などが含まれます。

 

2. 強みと弱みの特定


2.1 強みの特定

チームは組織の強みを洗い出します。これには、組織のリソース、特定の技能や専門知識、優れた製品やサービス、優れたブランドイメージなどが含まれます。強みを特定する際に客観的なデータを活用しましょう。


2.2 弱みの特定

同様に、組織の弱みも特定します。プロセスの効率性の不足、資金不足、競合他社に比べて技術的な遅れなど、内部的な課題を洗い出します。


強みも弱みも、内部環境に関するものであることに注意する必要があります。外的要因は、次の項目で説明する機会と脅威に関するものになりますので、混同しないようにしましょう。

 

3. 機会と脅威の洗い出し


3.1 機会の洗い出し

外部環境からの機会を特定します。新たな市場セグメントの発見、技術の進歩、規制環境の変化などが機会として考えられます。


3.2 脅威の洗い出し

同様に、外部環境からの脅威を洗い出します。競合他社の増加、市場の飽和、新たな規制の導入などが脅威として挙げられます。

 

4. 重要な要因の優先順位付け


最後に、特定した強み、弱み、機会、脅威の要因に優先順位を付けましょう。それぞれの枠組みの中で、どれが最も重要で、どれが緊急かを明確にすることで、戦略策定において焦点を当てるべき要因を特定することが可能となります。

 

SWOT分析は、組織が自身の状況を全体的に理解し、戦略策定に向けた方向性を見つけるための貴重なツールです。次のステップでは、これらの要因を活用して具体的な戦略を策定する方法について詳しく探求します。


オープンリソース・アルケミストでは、お客様の経営実態に合わせた提案を行っております。事業計画に伴う疑問や改善案はもちろん、経営計画の作成や戦略策定について、お気軽にお問い合わせください。リスク管理の観点から、みなさまの事業をサポートいたします。

閲覧数:7回0件のコメント

Commentaires


bottom of page